2010年07月20日

カツマニュ仁

入院なう

ということで、只今消灯時間過ぎたベッドの中です
1泊で出所しますので、ご心配には及びません手(パー)

LAから帰って、翌週インテックス大阪4連発、その翌週プレミアムイベントで亀ちゃんと握手、その翌週は久々にエステ・フット・ネイルのハシゴ&オープンしたての滋賀竜王アウトレットパークへ
先週の金土は東京ドーム2days&青山劇場、2日完全オフを挟んで入院と
なんだそりゃ、なスケジュールでございます

オフの2日間はと言えば、「時間が巻き戻って、そんな事知らなかった金曜に戻ればいいのに…」と、有り得ない事を願いながら、HDDの整理をしてました

たった1日で、いつもの「SMILE」が全然違って聞こえるなんて
たった1日で、なんでこんなに世界が変わっちゃうんだろ

関西エリアのWSで、事実を正確に伝えようとしてくれていたのは、コールの山崎さんのコーナーのみでしたが

『NO MORE PAIN』なんて痛すぎるアルバムを目の前に突き付けられても、見ないフリしてあげてたのに

アルバム発売週の土曜がLA出発だったので、アタシも同行したお友達も家で聞く暇なんてなくて、データだけ落して来てて、同時に機内で聞いたんですが
二人とも途中でイヤホン外して「何コレ?!どーゆーこと?!」と
そこから先は、敢えて思考をストップさせました
じゃないと、あんなアルバム、聞けないっしょ

LAのYOU&JINは、ほんっとうに楽しかった
大好きな音の中を自由に泳いで、踊って踊って…
で、結果、仁は世界に出て行くべき人だよ、と思っちゃった
仁の音を世界中が待ってるよ…と思っちゃった

いや確かに思ったけどさ、ソロ活動しながら、KAT-TUNに在籍してても良くない?
仁はKAT-TUNのボーカルの柱だよ?
楽曲に恵まれたKAT-TUNではあるけど、それでも仁のセンスがあるからこそ、KAT-TUNの音楽がアイドルグループの音に止まらないクォリティに仕上がってるんだよ?
過去の楽曲も、これから未来永劫、全てのKAT-TUNの曲から仁の声が無くなるなんて、残酷すぎる

亀ちゃんに二文字背負わそうだなんて、何言っちゃってんの?
だって、仁のいた10年間は何があっても消せないよ?

なんでロクーンじゃダメなの?
別に5人のKAT-TUNを否定してるワケじゃないよ?
ただ、仁亀シンメが二度と見れなくなるのが、悲しすぎるだけ
アリーナツアーの初日から、毎回欠かさず亀ちゃんの左手首にしっかり巻かれた赤いバンダナ見てたら、胸がキュンキュンしちゃって、そう思わずにいられないだけ

アタシKAT-TUNに安心感とか円満とか、一度だって求めた事ないんだけど
今さら「世間」とか持ち出さないでよ
メンバー全員の言葉を聞かせて


仁が、「脱退」という言葉を使わないでいてくれたのをいいことに、思いっ切りわがままゆってみました
posted by まじこ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | KAT-TUN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。