2006年09月09日

映画『UDON』鑑賞

わーい、みてみてグッド(上向き矢印)
『たらこ・たらこ・たらこ』CD初回限定盤を無事
ゲットしました〜exclamation
DVC00008.JPG
キューピーたらこかわゆい揺れるハート
右ナナメ45度から記念撮影するとカメラ目線に(笑)

ついでに『ロコロコのうた』もしっかり購入るんるん
これまたキョーレツで,ロコロコのうたイエローバージョン、
オールスターバージョン、笛バージョン、カラオケバージョン
とロコロコづくし(笑)
「パッチョンボ〜 モ〜イノイノイ チャカレタパットン…」
って歌詞カード見つつ1発で歌えるととっても快感手(チョキ)
「たらこ」と一緒にカラオケで歌いたいかも〜るんるん

さて、本日は映画のチケットをいただいたので、本広克行
監督の『UDON』という映画を観てきました。
見る前はどんなテイストの映画なのかサッパリ見当がつかず
ハウツーもの?人情喜劇?と頭の中は?マークだらけでした。
この映画を観終わった後には必ず“うどん”が食べた
くなるという噂を実証すべく、いざ鑑賞。

さぬきうどんをめぐる“ブーム”の発端と終焉をコミカル
かつ淡々と描きつつ、親子の葛藤を通じて、誰の心に
も存在するソウルフードへの愛を再確認する…という、
どう表現すればいいのかわからないけど、最後には
ホロっと涙がこぼれるような、いい映画でした。

もちろん、観終わった瞬間、「うどん食べた〜い」と
叫んでました(笑)
速攻、手打ちうどんやさんへGO車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

予備知識なしで観ていましたが、本広克行監督は
香川県出身の方だったんですね。
それで、讃岐うどんへの愛の深さが納得できました。
なおかつ、大好きだった深夜ドラマ『NIGHT HEAD』、
(←当時サントラ盤CDをわざわざ取り寄せるくらい
ハマってました)とか、大ブレイクした『踊る大捜査線』、
秀ちゃんが出演していた、禁断の『アンティーク〜西洋
骨董洋菓子店』とかの演出もされていたんですね。
なるほど〜。


DVC00055.JPG

道頓堀“今井”の「釜揚げ天うどん」(ホテルニューオータニ店)
エビちゃんもプリップリで超美味でございました揺れるハート
今度は讃岐うどんが食べたいな〜。
ラベル:UDON
posted by まじこ at 11:52| Comment(2) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
またHITしました(笑)
NIGHT HEAD秊
我が家にはVHS全7巻がいらっしゃいます。

久々に見たくなりました嶺
そうでなくても見るものいっぱいあってHDDの整理が進まないのに〜
Posted by at 2006年09月10日 09:45
こんばんは〜、うさこさん♪
ええと、そんな予感はしておりました(笑)
これだけ被ると、もう驚かなくってよ。

『NIGHT HEAD』は最初、関東圏のお友達に教えてもらって、
わざわざビデオ録ってもらって観てました。
CXの放映終了から何ヶ月も経ってようやく関西で放送開始って、
どんだけ時差あんねん!と怒ってた覚えが(笑)
あの頃はトヨエツと武田真治くんの超能力兄弟に萌えておりました…^^
Posted by まじこ at 2006年09月11日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。