2007年02月07日

『王の男』

今週末はいよいよ、滝翼の「〜みんないっしょに楽しま
なくちゃ×ダメ〜」魂(←あえて書いてみる。笑)in
東北でするんるん

ちゃんと覚えてさえいれば、金曜の最終飛行機で仙台入り
する予定ですが、現時点で遠征準備に全く手をつけ
られていないので、かなり切羽詰っておりますたらーっ(汗)

そういう週に限って、リタイヤした元上司から急遽食事の
お誘いが入ったり、見忘れてた映画を思い出したり
…なんでかしら(笑)

というわけで、今日は『王の男』をレイトショーで見て参り
ました。(←見たのかよパンチ

この映画は全く予備知識ナシで観たのですが、どっちか
いうと、多少なりともこの映画の背景を知ってから
観た方が、色んな意味で楽しめたかなぁと思いました。



(↓ここからはネタバレにご注意下さい↓)



たとえば、これは史実を基にした舞台劇が原作の
時代劇であることや、ヨンサングンは韓国史上に語り継がれ
る悪名高き暴君であることとか、韓流ドラマ『チャングムの
誓い』も、このあたりの時代のお話だとか…。

知らなくても全然ノープロブレムですが(笑)

要は、韓国で“4人に1人が観た”ほどの大ヒットは、それ
相応の関心を集める下地があったからこそだと、
いたく納得した次第です。

愛する故レスリー・チャンの『さらば、わが愛〜覇王別姫』と、
無意識に比べなかったと言えば嘘になりますが、
韓国の時代背景や感情表現などに全くなじみのない私
は、ドラマ以前に、珍しさが先に立ちました。

この映画でファン急増中の、切れ長で美しい一重瞼が
印象的なイ・ジュンギ扮するコンギルは、ひたすら
何もしません(笑)

いや、大道芸とか色々やってるけど、どんなに想われ
ても、どんなに嫌な目に合っても、伏目がちに耐える
のみです。

「その楚々とした風情がたまらない」という向きも
あろうかとは思いますが、アタシ的には「?」でした。

ぶっちゃけ「あれれ?三角関係じゃないの?」とあせあせ(飛び散る汗)

どうやらアタシの不完全燃焼の原因は、あえて“恋愛
感情”を排除した微妙な人間関係の中で、善悪を越え
た人物像を描こうとした監督の方針にあるようです。

早い話が、エロスなシーンは一切ありません(笑)

そして、みんなみんなかわいそうです。

最後の最後に涙を絞り取られるので、マスカラなしか、
ウォータープルーフをオススメします。


イ・ジュンギの真珠の涙に星4つ!★★★★

ミッチーとか上領亘くんラインがお好きな方ならかなりハマル
かも揺れるハート



きゃ〜どんっ(衝撃)出発まであと1日あせあせ(飛び散る汗)


リニューアルキャンペーン
リニューアルキャンペーン開催中
Seesaaブログが新しくなりました。デザインはもちろん使い勝手もさらに便利に!
新規登録の方も既にお使いの方もプレゼントが当たるチャンス。

posted by まじこ at 23:56| Comment(4) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふふふ。木曜日ですよもう・・・。  

すみませんお部屋の片付けさえも放置中です(泣)なんとかがんばってみますがもしもの場合は見なかったことにしてね!そしていよいよTVはやばいです。お家で映像は×です。←はやくTV買えよ(殴)ちなみに例の公開は14:00〜14:30ころだって。整理券は無し。帰らないでそんなにいるんだーってそっちに驚いたよ(笑)

『王の男』見たかった映画です。基本アジア系映像が苦手なんですが。なんだエロスは抜きですか。アタシにとって大事な一線なのにぃ(笑) 
そして、上領くん!!!!←そこかいっっ。
Posted by SIMA at 2007年02月08日 06:21
SIMAさん、こばわ〜。
お互い様なので、もう全然お気になさらず(笑)
お世話になるだけで感謝感謝です。

なんだか宴会情報がビュンビュン飛び交ってて、
超楽しみなんですけど、どっちが目的なんだか(笑)

グラバレなつかしー。
亘くん大好きだったわ〜。

ではでは、今から(今から?!)徹夜で用意します(汗)

しばし浮世を忘れて楽しみましょうぞ♪
Posted by まじこ at 2007年02月09日 02:14
この記事はあたしにむかっていっているのかい?
そうだよ。好きだよ。堕ちてるよ
ジュンギらぶ♡


王の男は、
原作では2人は同性愛な関係なんだけど、
映画では、そこんとこは極力排除したらしいよ〜

ジュンギ(コンギル)は、
あくまでも存在感を消すことに努力したとか。
主役は流されていく流浪の民なわけやね
(なんのこっちゃ)

あたしとしては、内容はともかくとして
京劇するとこがどうにも謎なこの映画

メイキングはなかなかに楽しいので、
ぜひそっちもみちゃれ。

ヨンサングンのちゅ〜は
アドリブによる不意打ちだったので、
ジュンギまじでショック強かったらしく、
カットといわれた後も
なかなかおきあがれなかったんだぜぇ〜 笑
(そのあとおもいっきり嫌がってるしね)
http://www.youtube.com/watch?v=4C1paHXL0sw
Posted by ぷうち at 2007年02月10日 07:44
ちゃおう、ぷうち♪
旅から帰ってまいりました。

ほほほ、姉さんは確実に堕ちてると思ったわよ(笑)

ジュンギはいいんだけど、二人の関係があまりに生殺し
状態で、アレを家族愛とか友情とかで片付けるのは
いかがなものかと。
いや、あそこはどー考えても「痴情のもつれ」の線でしょ(笑)
原作のこと知って、そりゃそーだろと思ったわ。

唯一のチューシーンも、酔った勢いでしかも相手寝てるし。
あの王様役の人って面白いよね。
「何かするかも知れないけど、驚かないで」って、
いきなりチューが来たら、そりゃ素で驚くでしょ(笑)

アタシもなぜそこで京劇???と思いましたわ。
ジュンギが『覇王別姫』観てお勉強したのはこのため?
ちょいテンションは上がりましたが(笑)
Posted by まじこ at 2007年02月14日 01:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33112584
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。