2007年04月30日

映画 『BABEL』

今日はせっかくのお休みなので、今月オープンした
ばかりのなんばパークスシネマに行ってきました。

『ブラッド・ダイヤモンド』か『バベル』どっちも
見ごたえがありそうで迷ったんですが、話題性をとって
『バベル』を見ることに。

菊地凛子さんの姿は、WSでたびたび目にしていますが
映画の内容については、全く予備知識ゼロでした。

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督という
お名前も今回初めて知りましたあせあせ(飛び散る汗)




↓以下ネタバレにご注意下さい↓



まずこの映画はデート向きではないなと思いました。
終わった後の客席の沈黙がすべてを物語ってました(笑)

ストーリーは、世界のどこかで、今まさに同じ時刻に
起こっている脈絡のない出来事が、一見脈絡のないまま
に終わります。
なので、この映画のメッセージを自分なりに受け取った人
とそうでない人とでは、天と地ほど感想が異なるのでは
ないかと思いました。

私はこの監督の、力技とも思えるフィルムワークに
圧倒されつつ、登場人物たちがそれぞれ抱える無力感、
もどかしさ、言葉にできない苛立ちを味わいました。

一言で言うなら、世界中の“もどかしさ”をすべて
詰め込んだような映画です。

私達は何かを失ってしまったけれど、決して遅すぎる
ことはない。
ラストシーンのチエコの姿に、「彼女の魂が少しでも
開放されたのだろうか」と、そうなることを祈って
涙が流れました。

映画を観終わって、昔観たベルナルド・ベルトルッチ
監督の『ザ・シェルタリング・スカイ』という映画を思い
出しました。
モロッコの砂漠が思い出させたのか、それとも当時、
限りなく救いのない映画だと思った孤独感や喪失感、
そして一握りの希望というトーンが思い出させたのか
と思いましたが、「そうか、教授の音楽だひらめき」と
エンドロールで納得。

日本パートの音楽は坂本龍一教授だったんですね。
美しくて切ない旋律が耳に残ります。

しかし、あのギャグのようなCM『バベる』ってやつを
考えた人はすごいです。
あのCM見て映画観ると深くうなづけました(笑)


タグ:バベル
posted by まじこ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40396106
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。