2007年09月02日

『オーシャンズ13』

松竹座観劇のあと、舞台で聞いた楽曲が、よく
脳内リピートされてましたるんるん

しかし、24時間テレビ後の後半ステージを見たあと、
アタシの頭にふと浮かぶのは、つーくんが覚えて
帰ってきた「でも、そんなの関係ねぇ!」ばかり
なのでしたバッド(下向き矢印)

確かにアレは印象キョーレツでしたけど…(涙)


そして、24時間テレビの編集はようやく折り返し
地点ですあせあせ(飛び散る汗)
ガンバレ、アタシ手(グー)


というわけで?、8月中はほとんどの時間をつーくん
に費やしていたので、なかなか見に行けなかった
映画『オーシャンズ13』を観てきました。



ネタバレってほどのネタバレはありません(笑)↓






昔のフランス映画風のオープニングや、粒子の粗い
画面、音楽のハモンドオルガンがお洒落です。

実年齢よりかなり落ち着いて見える(笑)ジョージ・
クルーニーが、とことん大人の余裕を演出。
これがやり過ぎに見えないところが、さすが。

何があっても焦らず騒がず、次々と繰り出される
“イケナイ”プランが誠に痛快です。

この手の映画のセオリーを外さず、ツボを押さえた
肩の力を抜いて観れる、おしゃれ活劇でしたぴかぴか(新しい)

posted by まじこ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。