2011年05月08日

happy mothers' day

posted by まじこ at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

『ココ・アヴァン・シャネル』

今年はCHANEL開業100周年ということで、色々な舞台や映画が上演、上映されていて、シャネルコーナーが特設されている書店もあります


続きを読む?
posted by まじこ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

『チェンジリング』

本日は映画『チェンジリング』を鑑賞して参りました。

続きを読む?
posted by まじこ at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

『252 生存者あり』

えっとお…映画の話の前に。

叫んでいいですかっ!?いや、叫びます(笑)


続きを読む?
posted by まじこ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

夏の思い出 SATC編

夏の思い出 そのB
映画『SEX AND THE CITY』

先週、公開初日早々に観て参りました、『SATC』。



↓以下若干ネタバレ含みますので、ご注意下さい↓


続きを読む?
posted by まじこ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

映画『包帯クラブ』

あれ、なんでスマスマ録画してたんだっけ?
映画から帰ってHDDチェックしつつ、「?」でしたが、
思い出しましたひらめき

今日は斗真くんと旬くんとブラック・アイド・ピーズが
ゲストだったのでした揺れるハート

流鏑馬といえば、つーくん。
単なる一ファンですけど、アタシ的にもアレは
トラウマのよーな思い出でございます(笑)

木村さんも香取さんもさすがだわ。
上体が逃げてないもん。
…これ以上傷口に塩を摺りこむのはやめておこうたらーっ(汗)

イケ♂パラは明日2時間スペシャルなのね。
了解しました(笑)


BEPはウィルのソロワークと、メッセージソング
『where is the love』をパフォーマンス。

9.11の痛みは決して解ることができないけれど、
彼らの想いが世界中に届いてほしいと思います。


続きを読む?
タグ:包帯クラブ
posted by まじこ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

『オーシャンズ13』

松竹座観劇のあと、舞台で聞いた楽曲が、よく
脳内リピートされてましたるんるん

しかし、24時間テレビ後の後半ステージを見たあと、
アタシの頭にふと浮かぶのは、つーくんが覚えて
帰ってきた「でも、そんなの関係ねぇ!」ばかり
なのでしたバッド(下向き矢印)

確かにアレは印象キョーレツでしたけど…(涙)


そして、24時間テレビの編集はようやく折り返し
地点ですあせあせ(飛び散る汗)
ガンバレ、アタシ手(グー)


というわけで?、8月中はほとんどの時間をつーくん
に費やしていたので、なかなか見に行けなかった
映画『オーシャンズ13』を観てきました。



ネタバレってほどのネタバレはありません(笑)↓






続きを読む?
posted by まじこ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

この3連休に先行上映があるというので、台風4号が
通り過ぎるのを待って、さっそく観にいってきました。

『賢者の石』、『秘密の部屋』、『アズカバンの囚人』、
『炎のゴブレット』ときて5作目『不死鳥の騎士団』です。

ハリー演じるダニエル・ラドクリフくんもいつの間にか
もうすぐ18歳ってことで、ちょっと見ない間に
びっくりするほど青年になってました。
早くも来年公開が決定した『謎のプリンス』と最終話
『死の秘宝』(公開日未定)で全7作、10年間ハリーを
演じるなんて、『渡る世間は鬼ばかり』のえなりくんの
ようです(笑)

てか、当たり前だけどダドリーも大人になってて
今風のヤンキー?になってたのが笑えました。

このハリー・ポッターシリーズって、1、2作目の
クリス・コロンバス以外は監督が毎回替わってるので、
同じシリーズのはずなんだけど、色合いが全然違って
て、「あ、そーきましたか」的な新鮮さがあります。




↓ここから先はくれぐれもネタバレにご注意下さい↓




続きを読む?
posted by まじこ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

『パイレーツ・オブ・カリビアン』3

昨日はは久々にゆっくり過ごせる休日ということで、
午前中はエステ、午後からはとある制作活動(笑)

こんな無駄な労力使うヒマがあったら他にやること
あるだろ、と自らツッ込み入れつつ、せっかく作って
しまったので、そのうちお写真アップします。
(→6/6の日記


そして締めに『パイレーツ・オブ・カリビアン〜ワールズ・エンド〜』
のレイトショーを観て参りました。

もう、最っ高でするんるん手(パー)手(パー)

またまた奇想天外なストーリー展開に、まだ誰も見た
ことのない“あの世とこの世の間”とか、大迫力の
大渦巻きとか、これでもかってくらい、想像を超える
摩訶不思議な映像の連続です。
「千円ちょっとでこんないいもん見せてもらっていい
んですか?」ってくらい大満足でしたグッド(上向き矢印)
映画館で「アハハ〜」って声出して笑ってスッキリです。

終わったらすでに深夜12時前で、そっか、この映画
3時間近くあったのね?!と気付きました(笑)


映画に全然関係なくて恐縮ですが、映画が始まるまで
40分ほどあったので、なんばのシネコンが入っている
同じ建物のレストランフロアで、軽くお腹に何か入れ
ようと回転の早そうなラーメン屋さんに並びました。

すぐ案内されるかと思いきや、店内はガラガラなのに、
列は15分待っても動かず。
20分後、ようやく席に案内されて「急いでるんですが」
と店員さんに伝えたところ、厨房に向かって「急いで
るとか言ってるけど?」とこちらに丸聞こえな音量で。

すると店長?らしき若者が現れ、「急いでるのは
わかりますけど、順番でやってるんで〜」
…んなことはわかっとるんじゃむかっ(怒り)と少々頭に来つつ
食券制だったので料金返してもらってさっさとお店
を出ました。

見るとラーメンを食べているのはカウンターの3、4人
だけで、テーブル席の5組ほどのお客さんは、誰一人
として食べておらず、こんなもたもた具合じゃあ30分
待っても無理そう、とナットク。

ムカツク以前に、なぜラーメン屋でこんな異様に時間
がかかるのか不思議ですが、もう二度と行きません、
あんな店。






↓ここから先はくれぐれもネタバレにご注意下さい↓






続きを読む?
posted by まじこ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

映画 『BABEL』

今日はせっかくのお休みなので、今月オープンした
ばかりのなんばパークスシネマに行ってきました。

『ブラッド・ダイヤモンド』か『バベル』どっちも
見ごたえがありそうで迷ったんですが、話題性をとって
『バベル』を見ることに。

菊地凛子さんの姿は、WSでたびたび目にしていますが
映画の内容については、全く予備知識ゼロでした。

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督という
お名前も今回初めて知りましたあせあせ(飛び散る汗)




↓以下ネタバレにご注意下さい↓



続きを読む?
タグ:バベル
posted by まじこ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

『王の男』

今週末はいよいよ、滝翼の「〜みんないっしょに楽しま
なくちゃ×ダメ〜」魂(←あえて書いてみる。笑)in
東北でするんるん

ちゃんと覚えてさえいれば、金曜の最終飛行機で仙台入り
する予定ですが、現時点で遠征準備に全く手をつけ
られていないので、かなり切羽詰っておりますたらーっ(汗)

そういう週に限って、リタイヤした元上司から急遽食事の
お誘いが入ったり、見忘れてた映画を思い出したり
…なんでかしら(笑)

というわけで、今日は『王の男』をレイトショーで見て参り
ました。(←見たのかよパンチ

この映画は全く予備知識ナシで観たのですが、どっちか
いうと、多少なりともこの映画の背景を知ってから
観た方が、色んな意味で楽しめたかなぁと思いました。



(↓ここからはネタバレにご注意下さい↓)



たとえば、これは史実を基にした舞台劇が原作の
時代劇であることや、ヨンサングンは韓国史上に語り継がれ
る悪名高き暴君であることとか、韓流ドラマ『チャングムの
誓い』も、このあたりの時代のお話だとか…。

知らなくても全然ノープロブレムですが(笑)

要は、韓国で“4人に1人が観た”ほどの大ヒットは、それ
相応の関心を集める下地があったからこそだと、
いたく納得した次第です。

愛する故レスリー・チャンの『さらば、わが愛〜覇王別姫』と、
無意識に比べなかったと言えば嘘になりますが、
韓国の時代背景や感情表現などに全くなじみのない私
は、ドラマ以前に、珍しさが先に立ちました。

この映画でファン急増中の、切れ長で美しい一重瞼が
印象的なイ・ジュンギ扮するコンギルは、ひたすら
何もしません(笑)

いや、大道芸とか色々やってるけど、どんなに想われ
ても、どんなに嫌な目に合っても、伏目がちに耐える
のみです。

「その楚々とした風情がたまらない」という向きも
あろうかとは思いますが、アタシ的には「?」でした。

ぶっちゃけ「あれれ?三角関係じゃないの?」とあせあせ(飛び散る汗)

どうやらアタシの不完全燃焼の原因は、あえて“恋愛
感情”を排除した微妙な人間関係の中で、善悪を越え
た人物像を描こうとした監督の方針にあるようです。

早い話が、エロスなシーンは一切ありません(笑)

そして、みんなみんなかわいそうです。

最後の最後に涙を絞り取られるので、マスカラなしか、
ウォータープルーフをオススメします。


イ・ジュンギの真珠の涙に星4つ!★★★★

ミッチーとか上領亘くんラインがお好きな方ならかなりハマル
かも揺れるハート



きゃ〜どんっ(衝撃)出発まであと1日あせあせ(飛び散る汗)


リニューアルキャンペーン
リニューアルキャンペーン開催中
Seesaaブログが新しくなりました。デザインはもちろん使い勝手もさらに便利に!
新規登録の方も既にお使いの方もプレゼントが当たるチャンス。

posted by まじこ at 23:56| Comment(4) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

『プラダを着た悪魔』

たとえるなら、ビタースウィートの極上ショコラ。


年末からずっと観たいとは思っていたのですが、なか
なか映画館に行けないまま日が経ってしまい、慌てて
上映館を探して観に行って参りました。

『プラダを着た悪魔』

ジミー・チュウ、マノロ・ブラニク、ドルチェ&ガッバーナ、シャネル、
クリスチャン・ルブタン、ジョン・ガリアーノ、グッチにプラダにミュウミュウ…
お洋服に少しでも興味のある人なら、ひたすらため息
のゴージャスなファッションの数々…ぴかぴか(新しい)

うっとりと夢見心地で観終わった後、ウィンドーに映る
自分の姿見て、思いっきり現実に引き戻されました(苦笑)
「なんでこんなもっさりしたコートを着て、この映画
観にきたのかしら?」とバッド(下向き矢印)

私の会社は私服なのですが、「どうせ誰も見ないし」と、
毎日ほぼスッピンに、お仕事用と決めた数着のお洋服を
ローテーションする日々です。

主人公のアンディーが映画の冒頭で、“とりあえずそこに
ある”セーターとスカート姿で出勤するのですが、まさに私の
姿でしたあせあせ(飛び散る汗)

目が覚めた気分です。

だからと言って、明日からいきなりお洒落をしてオフィス
に行くワケではありませんが。
だって、汚れるんだものたらーっ(汗)


ファッションは戦闘服。
どんな格好をするかで気分もテンションもガラっと変わり
ます。
大事なのは、思い込み(笑)
自己満足、大いに結構。
人は他人のことなどそれほど気にしてませんから。
そう思うと気楽でしょ?


アンディーが“みにくいアヒルの子”から“白鳥”に変身
するシーンは鳥肌ものでした。

アン・ハサウェイ、めちゃくちゃキュートです黒ハート黒ハート黒ハート

アタシもジミー・チュウのピンヒールを目の前に差し出されたら、
悪魔に魂売り飛ばすと思います(笑)

ファッション界を裏で牛耳る編集長役のメリル・ストリープがまたステキぴかぴか(新しい)

ここまで悪魔だとは思いませんでした(笑)

社長だか会長だか知らないけど、限りなく私用に近い
メールを打てだの、手紙を書けだの、ゴルフ場を予約しろ
だの、ホテルを探せだの…。
この映画観たら、そんなことぐらい、もうへのカッパです(笑)

今の上司にムカついてる方はぜひご覧下さい。
上には上がいます(笑)


アンディーが魔物の棲家のような、絢爛たるファッション界に
翻弄されつつ、自分を取り戻してゆく、極上の大人の童話です。


星5つ!★★★★★



続きを読む?
posted by まじこ at 23:51| Comment(4) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

『ディパーテッド』

哀愁が足り〜んむかっ(怒り)

今日は映画『ディパーテッド』を観てきました。
レオナルド・ディカプリオとマット・デイモンW主演のハリウッド映画
ですが、元ネタは香港ノワールの傑作『インファナル・アフェア』です。

タイトルが全然違うので、最近までこの映画がそうだって
ちっとも気づきませんでした(笑)

だって、『インファナル・アフェア』観たのっていつよ。
かれこれ5年ほど経ってる気はします。

で、ブラピがハリウッド版リメイク作るって聞いて、まぁ黒ハート
どっちの役かしら〜グッド(上向き矢印)ってワクワクしてたのに。
そんなことすら、すっかり忘れてましたが(笑)
なーんだ残念、プロデュースだけだったのねんバッド(下向き矢印)

ハリウッド版は人物像のディテールが作りこまれてて、さすが
という感じでしたが、かなりドライな印象を受けました。

単なる上司と部下という関係に納まらない親子のよう
な情愛とか、敵同士でありながら、お互いに哀れみに
似た友情のようなものが漂う、ウエットな香港バージョンを
想像していたので、「あの哀愁はいずこへ?」と…。

ストーリーはお墨付きなので、クライムストーリーとして観る分には、
文句なく面白い映画ですぴかぴか(新しい)


続きを読む?
posted by まじこ at 23:42| Comment(4) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

映画『UDON』鑑賞

わーい、みてみてグッド(上向き矢印)
『たらこ・たらこ・たらこ』CD初回限定盤を無事
ゲットしました〜exclamation
DVC00008.JPG
キューピーたらこかわゆい揺れるハート
右ナナメ45度から記念撮影するとカメラ目線に(笑)

ついでに『ロコロコのうた』もしっかり購入るんるん
これまたキョーレツで,ロコロコのうたイエローバージョン、
オールスターバージョン、笛バージョン、カラオケバージョン
とロコロコづくし(笑)
「パッチョンボ〜 モ〜イノイノイ チャカレタパットン…」
って歌詞カード見つつ1発で歌えるととっても快感手(チョキ)
「たらこ」と一緒にカラオケで歌いたいかも〜るんるん

さて、本日は映画のチケットをいただいたので、本広克行
監督の『UDON』という映画を観てきました。
見る前はどんなテイストの映画なのかサッパリ見当がつかず
ハウツーもの?人情喜劇?と頭の中は?マークだらけでした。
この映画を観終わった後には必ず“うどん”が食べた
くなるという噂を実証すべく、いざ鑑賞。

さぬきうどんをめぐる“ブーム”の発端と終焉をコミカル
かつ淡々と描きつつ、親子の葛藤を通じて、誰の心に
も存在するソウルフードへの愛を再確認する…という、
どう表現すればいいのかわからないけど、最後には
ホロっと涙がこぼれるような、いい映画でした。

もちろん、観終わった瞬間、「うどん食べた〜い」と
叫んでました(笑)
速攻、手打ちうどんやさんへGO車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

予備知識なしで観ていましたが、本広克行監督は
香川県出身の方だったんですね。
それで、讃岐うどんへの愛の深さが納得できました。
なおかつ、大好きだった深夜ドラマ『NIGHT HEAD』、
(←当時サントラ盤CDをわざわざ取り寄せるくらい
ハマってました)とか、大ブレイクした『踊る大捜査線』、
秀ちゃんが出演していた、禁断の『アンティーク〜西洋
骨董洋菓子店』とかの演出もされていたんですね。
なるほど〜。


続きを読む?
タグ:UDON
posted by まじこ at 11:52| Comment(2) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

『パイレーツ・オブ・カリビアン』

今日はフジロック対策でダーリンの所有してるサバイバルグッズ
を確保しに、車で貸倉庫に行くつもりが、なぜか
気がつくと『パイレーツ・オブ・カリビアン〜デッドマンズ・チェスト』
先行上映を観ておりましたあせあせ(飛び散る汗)
いや〜、め〜〜っちゃ面白かったですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

ジャック・スパロウ船長は今回も奇天烈な出来事に次々
と襲われるワケですが、その悲運?をものともせず切り
抜けてくタフガイっぷりに感心するやら可笑しいやら。
久々に映画館で爆笑させていただきましたぴかぴか(新しい)
で、「これからどーなんのっexclamation&question」って時に、またもや
エンディングが〜むかっ(怒り)
これってパート3に続くのね、と初めて知りましたあせあせ(飛び散る汗)
それにしても、あのラストシーンは一体どゆことexclamation&question
いや〜ん、超気になるわ。
大作だけにエンドロールも延々と長いんですが、最後の
最後にまた爆笑。
あっちの映画ったらお茶目さん揺れるハート

グッズショップでちゃっかりジャック・スパロウ船長のクリアファイル
を購入してたダーリンに釣られて、私もポスターと同柄の
クリアファイルとリストバンドを購入してしまいました。
別にジョニー・デップのファンでも何でもないのに、どんだけ
ジャック・スパロウのファンやねんって話です(笑)

そして、そこがアウトレット併設の施設だったのが運のつき。
セールの磁力に引き寄せられて、これまた気づくと両手
にショップの袋が…たらーっ(汗)

サバイバルグッズは明日にお預けになったけど、めっちゃ
面白かったし、まぁいいか(←殴)

そんなこんなで『HEY!HEY!HEY!』も『サプリ』も今日は
観れてましぇんもうやだ〜(悲しい顔)
でも『SMAP×SMAP』のTHE BLACK EYED PEAS来日スペシャルは
しっかりチェックいたしました手(チョキ)
やっぱ、BEPいいわ〜黒ハート
HIP HOPといいつつオールジャンルミックスされた音楽性の高さ
には舌を巻くばかりです。
昨日の"車でお出かけBGM"は、来日記念ってことで
(笑)CD『Monkey Business』にしてみました。
ちなみに今日は雨だったので、しっとりとSTINGの
るんるんMy Funny Vaientine』で。

そういえば、朝から24時間TVマラソンの走者がアンガールズ
ってニュース見てビックリでした。
ただでさえあんな細いのに大丈夫なんでしょーか;

続きを読む?
posted by まじこ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。