2010年10月17日

SPEC Q10 秋ドラマあれこれ

あんま放置しすぎて、アカウント認証から入り直したところで(←殴)

続きを読む?
posted by まじこ at 03:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

夏クールドラマ

2日お仕事に行ったら、もう週末(喜)
でも、書類山積みで2日間と思えないくらいグッタリです(笑)

続きを読む?
posted by まじこ at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

ヴォイス#02

『ヴォイス〜命なき者の声〜』

そっか、今クールのいわゆる月9だったのね、と今さらながら気づきました(←遅)

続きを読む?
ラベル:ヴォイス
posted by まじこ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

中山優馬くん「バッテリー」8話

ああ、やきもきする〜台風

意地っ張りで不器用すぎる巧(たくみ)にハラハラ。
もう少し、楽に生きられればいいものを。

諸般の事情でなかなかリアルタイムで見られない「バッテリー」ですが
今日8話をやっと観ました。


続きを読む?
posted by まじこ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

中山優馬くん「バッテリー」

関西Jr.中山優馬くんの瑞々しい魅力全開のドラマ「バッテリー」
ですが、このところ時間に追われてずっと録画しっぱなし
だったのを、今日ようやく3話から7話まで一気に追いつきましたあせあせ(飛び散る汗)


続きを読む?
posted by まじこ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

木10にPちゃん

おお、今度の木10はPちゃんなのね。
亮ちゃんからバトンタッチだぁ。

7月クールのフジ系「コード・ブルー
〜ドクターヘリ緊急救命〜」(木曜22:00〜)
にPちゃんが若きフライトドクター候補生役で主演
だそうです。

新垣結衣ちゃん、戸田恵梨香ちゃんと一緒なんて、
それだけで爽やかな香りが漂ってきそーです。

脚本が「ハゲタカ」「医龍」の林宏司氏だそうで、
こちらも期待大です。
posted by まじこ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

ラスト・フレンズ

いよいよ盛り上がって参りました。
こうゆう系のドラマでハマったのは久々かも。

たま〜に、こうゆう少女漫画的切なさにドップリと浸って
陶酔したくなります。

何がいいって、ドラマと宇多田さんの主題歌
『Prisoner Of Love』が見事にシンクロしてて。

アタシの場合は、この曲が流れる場面見たさにドラマを観ている
といってもいいくらいです。
相乗効果で切なさ5割り増しです。


かなり前のドラマになりますが、天童荒太さんの「永遠の仔」
でも、坂本龍一教授のテーマ曲が、それ無しではドラマが
成立しないほどピッタリと噛み合っていて、その音楽が
聴きたくて、毎週観ておりました。


続きを読む?
posted by まじこ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

『SP』&アニバーサリー

怒涛のような上半期締めも終り、気付くとすでに
お歳暮シーズンに突入してるじゃありませんか。
た〜いへん。
ニノのCMが流れるたび、何気にプレッシャーを
かけられてるようで焦ります。

先日、土曜ナイトドラマの『SP』拝見しましたが、
め〜っちゃよかったですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

金城さん脚本に本広監督ですよ。
なんでナイトドラマ枠?
題材が際どいから?(笑)

骨太なアクションを見せつつ、小気味よいドラマ
展開とシニカルな笑いにサラリーマンの悲哀を
織り交ぜて、見たことのない世界を垣間見せて
くれる楽しさ。

来週が待ち遠しいです。
フィルムサイズでも観たいな〜、ぜし。

先月だっけ?、ようやく地上波に下りてきた『24』
を見続けてたので、つい緊迫感溢れるドラマに
心惹かれてしまうのでした。

わざわざレンタルするほどのファンでもなく、
パーマー前大統領が暗殺されたシーズンを丸々
飛ばして平気で見てるんですが(笑)

ハムスターに激似の主人公が、国の存亡に関わる
陰謀に次々と巻き込まれ、24時間一睡もせず、
命がけでテロを阻止し続けるというお話なんですが、
手に汗握る展開の連続で、いったん観始めると
止まらないのでした。

かようにドップリ浸っていたので、『有閑倶楽部』
のユル過ぎる展開について行けておりませんたらーっ(汗)
まぁ、じんじんの面白さに免じて許しますが(←何様)


続きを読む?
ラベル:SP
posted by まじこ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

女帝

申し訳ない。

ドラマ『女帝』で泉谷しげる演じるミナミの妖怪が、
今際(いまわ)のきわ、主人公に「女帝に…女帝に、
女帝になれ!」と臨終の言葉を残すシリアスなシーンで
我慢できず、つい「わっはっは〜exclamation」と大爆笑して
しまいました。

だって、「女帝、女帝」って連呼するんだもん。
そんな日本語、日常会話で聞いたことありませんよ。
隣で見てたダーリンに「笑うとこと違うで。」
と涙目で言われました(←笑いすぎ)

昼メロのようなドラマ展開もさることながら、
セリフが棒読みだったり、ビルのオーナー竜崎の
中途半端な「ヒョッホー」ってリアクションとか、
やっちゃった感アリアリの芝居満載で面白すぎます。

来週で終わっちゃうのかぁ、残念(笑)

ラベル:女帝
posted by まじこ at 16:19| Comment(4) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

『ハケンの品格』

おお〜っ!今日から始まった日テレ系の新ドラマ、
『ハケンの品格』観てたらUくんがexclamation
フラメンコギターってそのまんまやん(笑)

大親友のじんじんに続き、篠原涼子さんと共演なんて
なんかご縁がある気がします。

ドラマはそれぞれの立場のキャラクターが、これでもかって
くらい誇張されてるので、少々イタイ部分もありますが、
言いたいことはおおむね分かりました。

このドラマって、見る人の立場によって全く違う感想が
出てきそうで、ちょっと興味深いです。

ちなみに、職場にあるまじき、数々のムダな慣例だの
設備だのをバッサバッサ切捨てて、お仕事の効率化に的を
絞ったウチの職場なら、大前春子さん大歓迎です(笑)

それでも「しきたり」とかってやつはなかなか手強くて
おじさんたちは、お正月に職場に鏡餅を飾ったり、
年始の会と称して職場でお酒を飲んだりということを
非常に重んじたりします。

そのへんのムダをクッションのように吸収して緩和させる
のがいわゆる正社員のお仕事でもあるんでしょうか。
春子さん、カモーンひらめき



新ドラマといえば、TBS系の『花より男子2(リターンズ)』
も、斗真ぴょんを見たいがためにうっかり観てしまい
ました。

出演されてるイケメン諸君には何の落ち度もありませんが
やっぱりこのドラマは苦手でしたバッド(下向き矢印)

漫画の世界とはいえ、何の理由もなく寄ってたかって
人にモノを投げつけている、グロテスクな場面が、どうにも
神経に触ります。

まぁ、好き嫌いは人それぞれってことでご容赦をあせあせ(飛び散る汗)

初回は関東19・4%、関西20・7%の高視聴率スタート
ということで、まずはおめでとうございます。


ラベル:城田優
posted by まじこ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

『プリマダム』

帰宅すると、ちょうど本日スタートの新ドラマ「プリマダム」
(日テレ系)が始まったので視聴。
元ベジャール・バレエ・ローザンヌのダンサー小林十市さんが
ご出演されてて、ビックリしました。
今まで踊る姿とインタビュー画像しか見たことなかったので、
主要キャストなの?!と改めて驚きました。
モーリス・ベジャール・バレエが大好きな私からすると、十市さん
をそんな安く使わないでちょうーだいって思ったりあせあせ(飛び散る汗)
'03に腰椎椎間板変性症で現役を引退されましたが、つくづく
ダンサー生命って儚いです…。
だから極限の美を得られるのかも。

以前大阪公演で十市さんの「春の祭典」の若者を拝見しましたが、
役柄そのものの、若々しいしなやかな踊りに目を奪われ、
日本人としてとても誇らしい気持ちになったのを覚えています。

ちなみにその時、1ベルのあとでロビーから席に戻ろうとして、
ホールの扉で外国人のおじさんとハチ合わせ。
もちろんレディーファーストで扉を開けていただいたのですが、
お礼を…とお顔を拝見してビックリ。
モーリス・ベジャールその人がニッコリ微笑んでいたのでした。
驚きで声も出ず、ただただヴァイオレットの美しい瞳を見つめて
しまいました。
私の敬愛する永遠の神様の一人ですぴかぴか(新しい)
posted by まじこ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。